紅茶キノコには様々な成分が入っています

紅茶キノコには様々な成分が入っています

紅茶キノコは昭和40年代終わりごろに流行した飲み物です。現在も注目されている飲み物です。

 

紅茶キノコにはきのこは一切含まれておらず、紅茶か緑茶に砂糖を入れて、そこに酢酸菌を加えて発酵させたものです。加える酢酸菌がゲル状で、形がキノコのように見えるため紅茶キノコという名称になりました。
紅茶キノコには酢酸、酵素、ビタミン、ポリフェノーツなどの成分が含まれています。

 

酢酸は胃の働きを活発にして消化を助け、血流を良くして冷え性の改善や新陳代謝を上げることが期待できます。またポリフェノールには抗酸化作用があるため、生活習慣病の予防や老化防止、美容などにも効果が期待できる成分なのです。さらに発酵食品なので発酵食品を食べることで腸内環境を整えて体の内側から健康や美肌になることができるのです。

 

紅茶キノコは自宅で菌を培養して作ることができる発酵食品ですが、衛生管理ができていないとカビや雑菌などが同時に培養されてしまうことになるため、自宅での菌の培養は難しいです。紅茶キノコは様々なフレーバーなどで通販サイトなども気軽に購入できます。自分の好きなフレーバーを選ぶなどで紅茶キノコを飲むことで健康的な体作りや美容に役立てたいです。